大阪で家庭教師をお探しの方

家庭教師を変えたいとき

家庭教師を紹介業者にお願いし、それでお子様との相性が合わないこともなかにはあります。

そういった場合に備えて紹介業者によっては、教師を変えることができる仕組みが整っていることがあります。

ここではその場合のお子様に合う教師に来ていただくポイントについて説明します。ただ教師を変えてほしいと伝えるだけでは再度教師に変わって頂くことになりかねません。

そこで、紹介業者には、お子様との間で現状ではこういった点で相性が合わないということをしっかりと伝える必要があります。

業者も継続して教師を派遣したいはずです。保護者の方がお子様のご希望も取り入れつつ、もっとも的確な教師を迅速に派遣してもらえるようにすべきでしょう。したがって、そのためにはご遠慮なさらずにご希望を挙げ、こういった教師のほうがあっているという意向を伝えなければいけません。

はじめの教師について、ある程度保護者の方からご意向を伝えたうえでの派遣だったはずです。しかしその点が明確に業者との間で伝わっていたか確認していただくことが必要です。

そしてもう一度しっかりとご希望を伝え直す必要があります。お子様との相性が整わない原因の多くは教師側にあることが多いです。家庭教師をやりなれた教師ならば、生徒(児童)の性格や能力を早いうちに把握でき、それに合った指導ができるものです。

それが相性が合わないとすれば教師としての資質がある意味で問われることにもなりかねません。やはり業者によっても教師の質の確保は重要ですから、そんなに資質が疑わしいことはふつうはないのですが、どうしても人間同士ですから馬が合わないこともあるでしょう。

その場合、変えた教師もいまひとつとお感じならば、家庭教師の派遣業者を選定し直すことも視野に入れることが必要になると考えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *